無印良品 全自動洗濯機 :4.5kg・ASW-MJ45の洗濯槽の外し方!

calendar

メンテナンスをせず、長年使用した洗濯機の内部は、絶句してしまうほど汚れています。
サイドライフ
※画像はほんの一例です。
サイドライフ
上部の画像を見ても解る様に、槽を外さなくても、糸くずフィルターや回転するパルセーターを外すだけで、内部の汚れは想像が付きます。
ここまで汚れてしまうと、浸け置きや槽洗浄コースでクリーニングをしてもキレイにする事は、ほぼ出来ません!

ひと月から、ふた月に1度、槽洗浄をして、日頃のメンテナンスをするのは、洗濯槽を取り出して分解洗浄したのちに行うか! 新品の購入をお勧めします。

という事で、今回、洗濯機の槽を外して分解したのは[無印良品 の 全自動洗濯機 ASW-MJ45]です。

スポンサーリンク

無印良品  全自動洗濯機 槽外し 手順!

まずはじめに、パネルユニット左右のメクラシールを外し、隠されていたビスを外します。

次に、本体の裏側のネジを、2本外します。

さらに、マイナスドライバーで、両側のフックを外していきます。ふたが外れたら、左右にネジがとめてあるので、それを外します。
操作パネルユニットのネジを外し終えたら、後ろにコードが繋がっているので、手前から持ち上げて、壁によりかけておきます。

次に、洗濯槽上部のカバーを止めてある4本のネジを外します。

洗濯槽の水流をおこす羽(パルセーター)の中央のボルトネジを外します。

パルセーターが外しにくい場合は、両サイドの小さな穴に、手で持ち上げても ビスが外れない程度に軽くしめ、ビスの頭をつまんで、持ち上げると取り外す事が出来ます。

洗濯槽は4本のボルト(10mm)でとめられているので、インパクトドライバーを使い外すと、楽に取れます。

洗濯槽を抜き取ったら、次に、槽上部のネジを外していきます。

糸くずフィルターのユニットは、外側のネジを外し、ユニット本体を上に持ち上げると抜けます。

洗濯槽の下の部分は、凹凸になっているので外す事が出来ません!、ちなみに、底の鉄板はネジを外せば取り外す事が出来ます。

最後は、貯水タンクと外したパーツを洗って、元に戻せば終了です。

その他のメーカーや機種別の分解方法などは【プチまとめ】洗濯機・編に記載されています。
自分で分解作業を行うには、チョット不安という方は、専門の業者に一度 見積り依頼をしてみてはいかがでしょうか!。
ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】

以上[無印良品 全自動洗濯機 :4.5kg・ASW-MJ45の洗濯槽の外し方!]でした。

この記事をシェアする