長野県・諏訪大社への返納の旅「とおりゃんせ」行きは良い良い帰りは・・・!

calendar

reload

長野県・諏訪大社への返納の旅「とおりゃんせ」行きは良い良い帰りは・・・!

以前、信濃國一之宮 諏訪大社(上社本宮)で[お祓いと心願成就の儀式]をしてもらった、お札の返納に行ってきました!。
お札を返すのは、わざわざ行かず、近くの神社や郵送でも良いのですが[儀式]をしてもらった事と、お札を返納していなかった手前、直接返すのが良いと思い 行く事にしたのですが、これが大失敗!
まさに「通りゃんせ」になってしまった!
もちろん、全く一緒と言う訳では ないのですが、神のご加護の効力が薄れるという点を強調しての事です。

通りゃんせの歌詞に込められた意味を知っている方もいると思いますが、ちなみにこの歌詞にふくまれた意味は、
7歳になった子供は、神のご加護から離れ 自分達の力で子供を守って育て行かなければならない、という親としてのプレシャーを意味している歌詞と言われています。

通りゃんせの歌詞
「通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ ちっと通して下しゃんせ 御用のない者通しゃせぬ この子の七つのお祝いに 御札を納めに参ります 行きはよいよい 帰りは怖い 怖いながらも 通りゃんせ 通りゃんせ」

少し脱線しましたが、結論から言うと、トランスミッション不良により レッカー移動で帰宅 したという事です。

どうせ長野県に行くなら プチ観光 をしようと思い 車で行く事を計画!
計画は以下の通り
・真田幸村像
・上田城跡公園
・法華寺
・諏訪大社
・信州そばの店
・松本城
・信玄公と謙信公一騎打ちの銅像

これらを見学すべく、1人で午前1時に埼玉を出発!
コースは高速を使用せず、下道オンリー「心はロンリー」...!。

明け方の 4:00に上田駅前に到着して 真田幸村像 とご対面!
真田幸村像
サイドライフ
上田駅前(長野県上田市天神1丁目7)

まだ薄暗かったので、上田城跡公園に車で移動!
サイドライフ
上田城跡公園: 長野県上田市二の丸6263
移動時間:車で2分程、こちらもまだ薄暗いので、園内を歩いて回り、再び駅前に移動!
サイドライフ
今度は明るい状態で撮影出来ましたが、顔の部分が暗くなってしまった事に気が付かず、そこから1時間30分かけて諏訪大社へ!

移動中に、コンビニに立ち寄って、出ようとした時に[ガガガガッ]という音が鳴り「何か下に有ったのか?」と思い確認!
しかし、そこには何もなく? 不思議に思いながらも再び バックを開始!
・・・「うっ・・・!動かない!」
前にギアを入れると進むので、再びバックにシフトチェンジしました。
しかし、(-_-;)「動かない・・・!」

仕方なく JAF を呼ぶことにしました!
しかしここは長野県! 自宅まで137Km ・・・!
「どうしよう...!」(;^_^A 汗が止まりません!

「こ、これは神のお叱りか!」などと一瞬考えもしましたが、そんなことあるはずもなく・・・
「ガサッ」・・・まさに!この記事を書いている今まさに!お菓子の袋が落ちました!!!!!
「このタイミングで落ちるか普通! 神のお叱りと書いた瞬間だぞっ!」

「それはともカク、記事をカク」というお事で、記事の続きを書くことにします。
JAFのスタッフいわく「バックと前進のシフトが違うので、前進する事は可能ですが、いつ壊れるか解らない」とのこと!

しかし、知り合いも 修理工場も近くに泣く・・・もとい、無く! 困っていると、JAFのスタッフが、近くのディーラーの電話番号を3ヵ所ほど調べてくれたのですが、時間が8時という事も有り、開いていない!

そこで、先に諏訪大社に お札の返納に行く事にして、時間をつぶす事を決断!
そのまま、JAFのスタッフさんには、お帰り頂きました。

ちなみに、この時、JAFの会員に入っていなかったので、初回入会費の6.000円と出張費の12.150円(場所や状況により異なります)総額18,150円を支払いました!。 ちなみに、年会費は4.000円との事です。

そして約20分(8.6km)を走行して諏訪大社に到着!

信濃國一之宮 諏訪大社(上社本宮)北参道 入口
サイドライフ
諏訪大社:長野県諏訪市中洲宮山1

東参道側の駐車場に車を止め、諏訪大社に入る前に、手前にある法華寺(ほっけじ)を拝見させていただきました。

法華寺
サイドライフ
法華寺:長野県諏訪市大字中洲神宮寺856

ここ法華寺は、織田信長明智光秀を折檻した場所で有り、この事で、これまで抑えてきた明智光秀の怒りが込みあけて来て、「本能寺の変」につながったとも言われています。
また、忠臣蔵で有名な[吉良上野介(きらこうずのすけ)の孫 吉良義周(きらよしちか)の、お墓が有るお寺でもあります! 実際のお墓は法華寺の裏手にあるとの事です。
サイドライフ
その後、諏訪大社 に東参道の門から入り、お札を返納してきました。

諏訪大社 東参道
サイドライフ

お札を返納して車に乗り込み、試しにギアをバックに入れてみると「おぉ~バックした!」
「これはイケル」と思う反面「いつ壊れるかわからない!」という不安の中「ちょっとくらい大丈夫なのでは?」と、思いましたが、さすがに次に予定していた信州そば屋さんまでは、28.3km、ここはさすがに諦めて、帰る事にしたのですが、帰り道である諏訪湖を挟んだ場所に諏訪大社の下社秋宮 ]が有り、上社本宮から下社秋宮までは、11.0km有るのですが、下社秋宮に立ち寄っても自宅までの距離は、「ほぼ、ほぼほぼ 」変わらない事から、行ってみることにしました。

下社秋宮
サイドライフ
長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828

ここに祭られている神様は、女性の神様で、家庭運,結婚運,など縁結びのご利益などが、有ると言われています。
秋宮では:今やっている事を発展させる力
春宮では:新しく事を始める・立ち上げる力
などと言われています。

ちなみに、上社本宮の神様は男性の神で、商売繫盛,独立開業,新規事業などのご利益などがあり、
上社前宮には:心身の浄化などが有ると言われています。
ですが、
※:お寺の方に聞いたところ、祭っている神様は[男女]の違いは有りますが、祭りごと[お祈り]に関しては[同じです]と断言していました!。

という事で、帰路につく事にしたのですが、駐車した場所が砂利の駐車場で、見た目ではわからない程ですが、緩やかなこうばいになっていて、前向きで駐車するようにとの看板があり、そこに駐車をしたのですが、案の定バックできなくなっていました。

砂利の駐車場で勾配があるため、ニュートラルに入れて押しても、10センチほどしか押し返すことができなくて、さらに、前に流れてくるので焦りながら抑えました、しかも、自分の後には民家があり、柵はなく、このままだと1メートル下に転落してしまうので、さらに焦りましたが、火事場の馬鹿力と言うのでしょうか? 一息入れて押すと、 50センチほど押し返すことができました、さらに反動をつけて1メートル位戻すことができたので、事なきを得ることができました。

そこで、車の事が心配になり、少し不安なので、下社秋宮から3.4km離れている スズキのディーラーに行って意見を聞いてみる事に、すると[AT車(オートマティック)ですが、トランスミッション不良によりクラッチ版が滑っている]との事でした。さらに、修理するのに30万程かかるとのこと!。

しかし、[平成26年に平成13年式の15万円で購入したワゴンRに30万かけて直すのも]と思い、埼玉に帰る迄 持つか聞いたところ、JAFのスタッフさんの言っていたことと、同じ答えか返ってきたので、イチかバチか、たどり着く事に賭けてみました・・・。

しかし、あえなく賭けに失敗!、埼玉県東松山市上野本(西)の交差点で、信号待ちをしたのを最後にストップ!
2mほど手で押して、給油所の入口付近まで移動させ、JAFを呼ぶことに!

JAFを待っている間に、車の保険の相談センターに問い合わせたところ、ロードサービス100㎞まで無料! さらにJAFの無料サービス15㎞無料と合わせ、115㎞まで無料という事が判明!

ストップした場所から自宅まで、約27㎞なので、無料で自宅まで送り届けてもらいました!。
ちなみに、一度に115㎞以上利用すると それ以降は有料となります。
これは、運悪く年間に2度、例えば、1度目は、60㎞利用で、2度目に60㎞利用すると、120㎞になる為、5㎞分の料金が発生します。 ただし、保険やJAFの契約更新日に更新すると、115㎞の利用が復活して、 無料で利用出来る様になります。

話は戻って、修理工の方に聞いたところ、中古部品を使って直したとしても、安くて修理に10万円くらいかかるとの事なので、やはり廃棄処分する事にしました!

神様とお別れした同じ日に、約4年と8ヵ月 乗ったワゴンRともお別れする事に!サイドライフ
ディーラーから走行して、ストップした場所まで約204.7㎞ トータル走行距離 約227.7㎞ ここ迄よく頑張ってくれました!。 さらに、持って行ってもらうさいに、まるで最後の力を振り絞る様に、ミッションが復活して、途中まで登って行きましたが、最後は手で押してトラックに収納しました。

さよなら、ワゴンR そして今までありがとう!

追伸、ディーラーから出た後にガソリンを満タンにして、約200㎞以上走行したにも関わらず、ゲージは満タンのまま!
サイドライフ
軽自動車の燃費はスゴイ! しかしこれでも、プリウスの半分しか持たない というのだから、さぞやプリウスの燃費の良さは、すごいのでしょう!

以上で[長野県・諏訪大社への返納の旅「とおりゃんせ」行きは良い良い帰りは・・・!]終わりです。

この記事をシェアする