自分で 壁掛け ルームエアコン を 取付 てみた富士通AS-J22C-W【DIY】

calendar

reload

自分で 壁掛け ルームエアコン を 取付 てみた富士通AS-J22C-W【DIY】

DIYではなくDIMサイドライフ
「D.I.M.」Do It myself(ドゥ イット マイセルフ)「自身でやる」

自分でやれる事をテーマにエアコンを取り付けてみた編

スポンサーリンク

富士通ゼネラル FUJITSU GENERAL:AS-J22C-W[人感センサー搭載エアコン 6畳]

背板取付ける

最初に忘れていけないのはエアコン本体うえのスペース確保です
天井から5㎝以上、離れていないと、背板にエアコン本体を取付けるさいに取り付けられなくなってしまいます、次にエアコン本体を取り付ける位置ですね、
取付ける場所の穴の位置から背板の位置を決めて壁に背板を取付けます
背板取付
この時1ヵ所中央部分にネジを軽く止て 手で背板が動く程度にして、水平器を当て水の流れを良くするためドレンホースが付いている方向へ やや傾けます。
中央から出す場合は、水平器をド真中に合わせて下さい
背板に水泳器
(今回は、右から出すので泡が左側になります)
水平器で位置が決まったら背板の穴が開いている部分にペンで印を付け、一旦背板を外し石膏ボード用のアンカーをネジ込みます
石膏ボードの場合ネジが効かないことが有るので石膏ボード用のアンカーが必要です
※石膏ボード用のアンカーは軽く締める程度にしておきましょう、強く閉め過ぎると空回りの原因になります
再び背板を取付け水平器で確認しながらビスネジをねじ込みます
※ビスネジはしっかりと締めてください

電線コードの取付け

背板が固定出来たら、外の壁から室内に赤・白・黒の電線を入れ通した電線の先をむきます
・電線を覆うねずみ色の部分は電工ナイフを縦に入れ10㎝程降ろし向いた部分をナイフで切り落とします
(手を切らない様に注意して下さい。)
3本の赤・白・黒の銅線はコードを剥く専用のストリッパーで先を3㎝程むきます(無い場合はカッターでも良いですがキズが付かない様にした下さい)
2㎝程むく
その電線を室内機の裏側から本体につなげます

本体取付け

室内機に電線コード
それが終わると今度は裏側の銅管と排水用のドレンホースと電線を室内から外に出せる程度 1つにまとめ、ビニールテープで軽く巻きます、
その後電線のゆるみを直しながら外に配管を出していきます
壁穴から出す
本体が背板のところまで来たら背板上部の出っ張りに室内機のくぼみを引掛けます

下部を押して下のツメにカツゥとハマれば室内機の設置終了です
室内機の設置
※最後にもう一度、水平器で確認をすると安心できますよ

銅管接続

室内機の固定が終わると外に出てビニールテープを剥がし、銅管を取付けるのですが室内機の銅管の長さが違うので取付ける側の銅管を
パイプカッターで切断していきます、この時一気にひねり回さず、少し刃先を出しパイプカッターをクルリ回します
この作業を数回繰り返します。
フレア
室内機からフレアナットを外しパイプカッターでカットした銅管の先に入れその後、先端をフレア加工します
フレアの先から数ミリ程度出した状態で固定します※フレアツールによっては配管を出す寸法が異なりますので使用前に確認してください
この部分は、ガス漏れの原因にもなりますのでしっかり確認する必要が有ります

銅管をつなぐ時に接続部分にガス漏れ防止用オイルを少し吹き付けナットを素手で締められるところまで締め片側をスパナで固定して
閉める側をトルクレンチで銅管をカチッと音がするまで締めて取付けます

ドレンホース取付

ドレンホースは差し込むだけで簡単につなげるので取付けた後、ビニールテープでしっかりと固定します

銅管の流れ(形)が決まればビニールテープで50cm感覚に仮止めをしていきます

粘着テープで化粧仕上げ

室外機の30cmくらい手前のところから室内機に向けて粘着テープで隙間から水分などが入らない様に
半分かぶさるように巻き仕上げていきます
室外機の外カバーをプラスドライバーでネジを外します(機種によっては、銅管接続部分と電線コードの部分2か所に分かれています)
カバーを外したら お次は、室外機に接続する銅管の長さを測り室内機と接続した時と同じようにパイプカッターで切りナットを銅管に通してからフレア加工を行います
その後断熱材の上を粘着テープで覆っていきます
この時電線も片側の銅管と一緒にある程度巻いていきます(接続の際邪魔にならない程度で良いです)

室外機に銅管と電線コードを接続

こちらも室内機と「銅管接続」した時と同じように接続部分に接着スプレーを吹きかけナットを素手である程度締めてから
片側を個体してトルクレンチでカチッと音が鳴るまで締めます
室外機に銅管と電線コードを接続
電線コードも取付けます
電線コード取付

マニホールドを装着

マニホールドを取付けるバルブキャップを開けるさい片側は必ず固定して開ける様にしてください
(本体ごと揺れ本体と配管に目に見えない程の隙間が出来、そこから少しずつガスが漏れ出る可能性が有ります)
マニホールドを装着
バルブキャップを外したらガスが入っている確認と真空引きを行う為にマニホールドを取付けましょう
マニホールド

真空ポンプ装着

真空ポンプの装着は真空引きを行うさいの機器でエアコン工事をする上で必ず行う作業でありこの作業を行わないと
エアコンガスと銅管内部の空気や水分などが混じり冷えにムラが出来てしまい冷えなくなり故障の原因になります。
真空引きは室内機と室外機をつないだ銅管内部の空気や水分を抜き取り真空状態にする作業のことです
真空ポンプの乾太郎

バルブにマニホールド(青いコード)を取り付けてマニホールド(黄色いコード)と真空ポンプを繋ぎ、
真空ポンプの電源を入れて真空ゲージのバルブを開き真空引きを開始します。

約20分ほど真空引きを行い、真空ポンプ側のバルブを閉めて真空ポンプを停止します。

画像は撮り忘れた為、途中のモノです
針が-0.1MPaになっていれば真空ポンプの電源を切り5分放置して針が戻って居なければ真空状態になった証拠です。
針が0に戻り始めていると何処からか漏れている証拠ですのでしっかり閉まっているか!?確認が必要です。
最悪の場合接続部分全ての確認が必要です

真空状態のままであれば真空ポンプ側のバルブを閉めマニホールドを真空ポンプから取り外します
六角レンチで高圧(細い方の冷媒管)を開き、続けて低圧(太い方の冷媒管)を開きます
これでマニホールドとエアコンの室外機、室内機銅管内部は冷媒ガス以外真空状態になっています
この状態でエアコンのプラグをコンセントにさしリモコンで1番低い温度に設定して運転ボタンを押します
室外機のプロペラが回り出して室内機から冷気が出始めれば接続成功です
最後にドレンホースから水が流れ出てくれば問題なく取付終了です。

ガス漏れ確認

エアコン運転中に室外機の接続部分にガス漏れ検知スプレーを吹きかけ泡立たなければガス漏れの可能性も低いと言えます
ガス漏れスプレーが無くても石鹸水などで代替え出来ます
エアコン運転を開始した際にいったんマニホールドの針が0まで下がりますがしばらくすると1.0くらいまで回復します
(冬場や寒い日などは、1.0に到達しない場合も有りますが問題ありません)
もし、室外機の接続部分に霜が貼るようだとガス量が少ないと思われます、その場合冷媒ガスの補充が必要になってきます
(水滴は大丈夫なので心配いりません)
マニホールドの針が小刻みにブレていると空気がまっざているという事になるので取付けし直しか、真空引きのやり直しをする事になります。

問題なく冷えてガス漏れが無いことが確認出来たら、マニホールドを外すのですがそのさい、
安易に外すのは辞めましょう、多少ですが冷媒ガスが漏れてしまいます
※法律上ガスを外に放出することは禁じられています。
そのさいは、一旦エアコンのガス回収方法を行いマニホールドを外してから再びバルブを開きガスを充満させましょう
最後にバルブキャップを取付けモンキーレンチでしっかり閉めましょう
後はカバーをはめネジを閉めて壁穴の隙間をパテで埋れば全て終了です。
カバー取付

まとめ
エアコン取付け作業は難しくはありません自分で取り付けも出来てしまいます。
必要な材料は、ホームセンターで購入できます
エアコンセット
銅管セット3780円
電線コード800円
工具などはホームセンターに売っていますが高額のモノもあるのでレンタル品を借りると言う手も有ります。
送料無料・全国対応の総合レンタルサービス【ReReレンタル】
ヤフオクで安く落札も出来るみたいですよ。
これで自分で壁掛けルームエアコンを取付てみた富士通AS-J22C-W【6畳用】終了です。
誰かの参考になれたら幸いです。

エアコンプチまとめ

【お手入れ方法】
【フロントカバーの外し方】
【取外し方法】
【取付け方法】
【分解方法】窓用エアコン
↓エアコンプチまとめ↓
自分でエアコン掃除をするメリット

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す