縦型 窓用エアコンの取り付け方

calendar

【窓用エアコンは、誰でも簡単に取り付け可能】
窓用エアコンは、壁掛けタイプのエアコンと違い、室外機が要らない為、壁に穴をあける必要が有りません、
ただし、窓エアコン用フレーム(取付枠)より 狭い窓には取付出来ません、メーカーにもよりますが、高さ85㎝×幅37㎝以上 開閉できる窓で有れば ほぼ、取付が可能です。
サイズは購入前に確認していたください!
運搬時の注意点(立てた状態で運搬)
冷媒ガスが分離してしまう為、分離した冷媒ガス(液体)が圧縮機に流れ込み 元に戻らなくなる可能性もある為、横倒し運搬は禁止です。

取付方は簡単で 自分で出来る為、工事費用がかからず経済的です。
子供部屋や書斎などにも 取付できますし、転勤や引越しの多い方などは、賃貸でも安心して設置できる為、オススメのエアコンといえます。
そんな窓用エアコンの取り付け方をご紹介します。今回、取り付ける窓用エアコンの場所は、付属品のいらないタイプの一番簡単な窓枠です。
※窓枠の形状によって、取り付け方に多少の違いがあります。予めご了承ください!。

今回、取り付けた機種は、コロナ:CORONA 窓用エアコン CW-A161E3 です。
まず、窓用エアコンを取り付けるための、フレームを取り付けるのですが、ゴムパッキンは必要に応じて取り付けるか決めてください。(ゴムパッキンは、凹凸のある部分を 上から差し込み 下にスライドさせるだけです)
窓エアコン用ゴムパッキン
次にフレームの取り付けですが、上に2箇所と下に1箇所、窓枠に固定するネジがあるので、それをはずします。

窓側の(下)フレームに、エアコン用枠を差し込みます、次に 先ほど外したネジをねじ込み固定をします。

下を固定後に、上部(ジャバラになっている部分)を引き上げ、窓の上フレームの溝を差し込み 外れないようにネジで固定をしっかりとしてください!。

窓枠にしっかり固定できたら、次に本体を取り付けます。
※窓枠の溝が凹んでいる〝フラットタイプ〟の窓は、ネジで固定出来ない為、L字金具を使用して、固定してください!。L字金具を使用する場合、窓枠の前の木の部分にビスをねじ込む事になります。賃貸の場合は管理会社などに ネジを入れて良いか 確認をして下さい!。

窓エアコン用フレームを 取り付ける為に、引っかけてネジ止めをする必要が有る為です。

窓にフレームを取り付ける事が出来たら 本体を取り付けます。

本体は、下の部分から差し込み、上の部分を取り付けます。

この時ずれない様にしっかり固定してください!。

上の部分には、引っかけ金具がついているので、キッチリとはめ込んでください、

そして次に、エアコンとフレームを固定するネジでしっかりとめて下さい。

以上で窓用エアコンの取付完了です。
今回の窓はエアコンを設置しても 窓の開閉が出来ますが、
[標準のフレームは、窓の左側に取り付けるように通常セットされています。]
なので、逆側(右側)に取り付ける場合は、取り付け枠の窓ストッパー(写真:右下の金具)を移し替えてください。
窓ストッパー
逆側(右側)に取り付ける場合は、窓に鍵がかけられなくなってしまうので、防犯用の鍵を使用する必要があります。
おすすめの鍵については、こちらの記事を参照下さい!
この→ボタンをクリックして移動

取り付け前の確認ポイント!
●窓フレームの種類や窓自体の高さや幅の確認。(窓のタイプにより取り付け出来ない場合があります)
●窓の左右どちらに据え付けするか?。(窓のタイプにより戸締まりが出来ない場合があります)
●賃貸の場合、大家さんや管理会社への確認 取り外すさい、ネジ穴の跡残ります。
●高さのある窓の場合「テラス窓用取付枠」(別売)で高さを延長する事が出来ます。(通常のフレームの最大の高さは、140cmです)

取り付け後の参考にして下さい!
①すぐには冷風は出ません。
冷媒ガスが循環するまでに機種にもよりますが、数分ほどかかります。

②電源ON/OFFの繰り返しはNGです。
電源OFFにすると保護装置が働いてコンプレッサーやファンが停止するまでに数分かかる為、停止直後に電源をONにしても、すぐには、反応しません、その為、電源ON/OFFを繰り返すと故障の原因になってしまいます。

③設置後、2時間から3時間は運転させないでください!。
エアコンや冷蔵庫の冷媒ガスは、液体を圧縮させて冷却します、その液体はギュギュに詰まっている訳ではありません、真空状態の部分も有る為、運搬時に振動などで分離してしまいます。 設置して安定した状態にしてから、元に戻るまでに かかる時間が 2時間から3時間と言われています。
分離した状態で運転すると、冷たい風と そうでない風がまばらになり 故障の原因になってしまいます。

以上≪縦型 窓用エアコンの取り付け方≫でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す