DIM:ハウスクリーニング・リビング・エアコン編:お手入れ掃除方法!

calendar

reload

DIM:ハウスクリーニング・リビング・エアコン編:お手入れ掃除方法!

スポンサーリンク

DIM:ハウスクリーニング・リビング・その他:エアコン編掃除のお手入れと分解方法!

「D.I.M.」Do It myself(ドゥ イット マイセルフ)「自身でやる」
MSZ-GM221
自分でやれる事をテーマにハウスクリーニング・リビング・その他:エアコン編
今回お手入れしたのは、MITUBISHI(三菱電機)エアコン 霧ヶ峰(2.2kw) ムーブアイ付き MSZ-GM221 です
夏、本番!エアコンの季節到来ですね!
今年すでにエアコンを使用している方もいると思いますが、一年間使用していない、ホコリのたまったエアコンを知らずに運転すると
ホコリだけでなくカビなども室内にまき散らす事になってしまいます、フィルターはこまめに洗っていても
ファンやフィンまで掃除したことが無いという方も居ると思います!
もし、そうであれば、ファンやフィンにこびり付いた汚れでニオイを発したり、カビによるアレルギーや病気の原因にもなりかねません
運転効率も悪くなり電気代も多少なりとも余分にかかります
そこで一歩踏み込んだお手入れをしてみたいと思います。
同じように開けてみたいと言う方の参考になれればと思います
※万が一破損や故障した場合は、自己責任でお願いします。
万が一壊してしまうと多額の修理費用がかかってしまう可能性がありますので
ご心配の方は、エアコンクリーニングの業者に頼むのが良いでしょう!
お掃除の事なら汚れと戦うプロ集団【おそうじ革命】

エアコンクリーニングの業者に依頼すると?

業者に依頼すると
作業時間が1~2時間程で(約1万円前後)が相場で結構な費用がかっかてしまいます。
という事で

自分で壁掛けタイプのエアコン掃除

自分でどこまで出来るのか?という事でエアコンクリーニングをしてみました。
用意したもの

・洗剤(中性洗剤+カビキラー+除菌スプレー)
・歯ブラシや毛先の長いブラシ
・ゴミ袋
・バケツ
・水を入れて吹きかける入れ物
・プラスドライバーとマイナスドライバーなど
・雑巾
・養生テープ
・2段の脚立

それでは、エアコンクリーニング作業開始です。
※安全の為、エアコンのコンセントを抜いてから作業下ください
1・フロントパネル(丸洗いパネル)を両手で持ち上げひっかている部分を片方ずつ外します
フロントパネル
2・エアフィルターの下の突起をツマミ、引っかかている部分から外し引き抜きます
フィルター
(エアフィルターのホコリは掃除機で吸い取ってからブラシなどで軽くブラッシングして水で洗います)
※強くこすると型崩れしたり破れたりしますので気を付けて下さい。

3・上下風向フラップを画像の様に引き抜き、取り外してソフトなスポンジに中性洗剤を少し付け軽くふき水で洗い流し乾いた布で水気をキレイに取り日陰に干しておきます、(上下風向フラップのパーツを組む時にプラスチックの接触部分にグリスを少し付けると良いですよ)
4・本体カバーのネジキャップをマイナスドライバーで外しネジを取ります

5・本体の上らかマイナスドライバーでカバーを分離させると簡単に取れます

6・左右風向フラップを外すのですが、外れる位置にもって来るときに壊れやすいので要注意です(こちらも組む際にグリスを付けると良いですよ)

本体カバーを外したら周りが汚れない様にゴミ袋と養生テープでしっかりと保護しましょう
基盤にも水や洗剤がかからない様にガードして下さい。

7・熱交換器(フィン)はブラシ付きの掃除機で軽く吸い取りブラシなどでブラッシング
※このフィンはチョット強めに触るだけで曲がってしまいます、これが曲がってしまうと通気の流れが悪くなってしまうので要注意です。

※今回は実際には取付けてい無いのでこのまま取付いている時と同じ立てた状態でクリーニング作業を行いました
8・シロッコファンを洗うのですが市販のエアコン洗浄スプレーだけでは、
水洗い後に干して乾燥させてみると白いホコリが浮き出て来たので
ここは、カビキラーで第二ラウンドです。
※カビキラーを使用する場合窓を開け換気を良くしないと臭いがキツイだけでなく目にもしみます
カビキラー使用後は、水でよく洗い流さないと臭いが残りますからご注意ください!

エアコン室外機のフィン掃除

エアコン室外機掃除
基本は、丸洗いできますが、注意点としては、フィンをつぶさない様にしてください、フィンが潰れてしまうと風の通気が悪くなり
冷えなくなる可能性が有ります、もしつぶれている場合細いヘラなどで補修して下さい。
室外機のフィン掃除
※細くて堅めのモノでソフトタッチで行って下さいフィンが切れる場合が有るので、要注意です。
最後に取り外した部品すべてを戻して終了です

エアコンプチまとめ

【お手入れ方法】
【フロントカバーの外し方】
【取外し方法】
【取付け方法】
【分解方法】窓用エアコン
↓エアコンプチまとめ↓
自分でエアコン掃除をするメリット

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す