【外食スポット:らーめん】 新座市の『麵家 うえだ』の焦がし正油らーめんを食しに行ってきました。

calendar

埼玉のラーメン女王と言っても過言ではない、さいたまご当地ラーメンの生みの親、上田みさえさん(御年74歳)の作るらーめんを求めて
新座市の『麺家 うえだ』にやってきました。(ちなみに駐車場も3台分有ります)
〝埼玉のご当地ラーメン〟を作ろうと 複数のラーメン店と協力し合い ご当地ラーメンの開発を提案し名物の「焦がし醤油ラーメン」を開発
全国的なラーメンブームに乗りイベントに出店しTVなどに取り上げられることにより、その名を全国に知らしめた。
現在もそのカリスマ性は、おとろえておらず、定休日を返上し高級魚「のどぐろ」の煮干しを使ったスペシャルメニューなどを開発し提供しているスーパーウーマンです。
新しいことにチャレンジし続けることが、若さの秘訣かもしれません。
こんにちはコデブマックスです。

スポンサーリンク

『麵家 うえだ』

menya-ueda
そんな『麵家 うえだ』は、志木駅の南口からまっすぐ5分ほど進むと左側にあり〝竹ぼうき〟の屋根が目印です!
券売機
kennbaiki
拡大画像
券売機で食券を購入し店員に渡しカウンターにピットインして着丼(チャクドン)を待つ間に店内を見回すと、
メニューとサイン
sain
ラーメン王石神氏のサインやギャル曽根ちゃま、の写真などが貼られていました。


そして中坊、もとい(厨房:チュウボウ)を見るとバーナーでドンブリをあぶっていました。(これも、〝うえだ〟ならでは、の光景かもしれません)
という事で今回、食したのは、焦がし正油らーめん780円です。

焦がし正油

aburicya-syu-
バーナーでドンブリをあぶっているのでかなり熱い為、ドンブリが2重になっています。そしてビックリしたのが、中央に〝おせんべい〟!?
これ、あうのか?っと思い食わずにいましたが、
(後半にノリと一緒に食し、フヤケた醤油せんべいになってしまいました)
スープ

まずスープを一口飲んださい!一瞬おせんべいの風味が口に広がりましたが、2口目からは、感じなくなりました!?(チョット不思議なかんじ?)
その後は、ニンニクの強い醤油風味のスープの味を美味しくいただきました。


麺は、やや固めの麺で食感もよく美味しいです。
炙りチャーシュー

片側のみ炙っているので表と裏で違う食感が楽しめます。
メンマ

メンマは細切りでコリコリっとした食感でこれも美味しいです。
完食した2重丼ぶりの画像

大変おいしく頂きました。ごちそうさまです。

以上『麵家 うえだ』の焦がし正780円を食した感想です。

食べログ評価:3.58

麺家 うえだ 店舗情報

住所:埼玉県新座市東北2-12-7マンションプルミエ 1F
電話:048-471-8808
営業時間 11:00~16:00
定休日  月 (祝祭日の場合は営業・翌日休み)
「麺家うえだ」の定休日は「麺家うえだ プレミアムDAY」の営業日です。
「のどぐろ拉麺」のみの提供で限定60食

◆ 営業日は掲示板でお知らせしております。 ◆
ホームページURL:http://menyaueda.web.fc2.com/
最寄駅  東武東上線 志木駅 (南口より徒歩10分以内)

駐車場は、お店より志木駅方面30mのところに有3台

PS:店主は31歳で飲食店を初め数店経営し順調だったお店を全て人に譲り56歳でラーメンを開業
くしくも狂牛病や鳥インフルエンザなどで一度はラーメン店を閉めましたが、
2004年に現在の「麺家うえだ」として再スタートし現在に至っています。
(2017年9月)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す